ホテルで地酒を愉しもう!

ホテルで地酒を愉しむプラン

ホテルで地酒を愉しもう

近畿エリアで地酒を愉しむ

はりまのお酒

ホテル日航姫路/料理(イメージ)
※季節により内容は変わります

最高級酒米として名高い山田錦の産地・兵庫県播磨地方のお酒は、是非飲み比べていただきたい絶品揃いです。
播磨にはお酒に合う肴もたくさん。春にいかなご、冬に牡蠣…四季折々の旬を味わえるのも大きな魅力。
お酒の〆には播磨名産の麺類(そうめん・もちむぎ・夢そばなど)はいかがですか?

和歌山の地酒「黒牛」

黒牛は純米酒、純米吟醸、純米大吟醸、本生無濾過、しぼりたて純米原酒があります。
純米酒の「黒牛ライト」という銘柄は日本酒初心者には嬉しい飲みやすさでとても軽い味わいです。
美味しい飲み方はぬる燗がオススメです。

純米吟醸酒「梅乃宿 辛」

辛口というよりドライという表現が似合う、キレのある純米吟醸酒です。燗にすると心地よい甘味も感じられ、洋食には冷やしてワイングラスでお試しただくのがおすすめです。
奈良名物「柿の葉寿司」と「飛鳥まほろば鍋」とともにお楽しみください。

奈良の地酒 純米酒「朱雀門」

山田錦だけを使用しており、淡麗にしてやや辛口が持ち味。すっきりした喉ごしが好評です。冷やしても、燗にしても美味しくいただけます。

富鶴 大吟醸

「燗酒の富鶴」といわれ地元の日常酒として親しまれている日本酒です。キレがあってコクのある飲みやすい大吟醸です。 冷蔵庫でよく冷やしてお楽しみ頂くのがおすすめです。

琵琶の神龍(じんりゅう)

2011年に彦根市石寺町の田んぼにえがかれたひこにゃん田んぼアートの米を使った日本酒です。
ラベルには琵琶湖をバックにビワコオオナマズの絵が入っています。

近畿エリア全ての宿泊プランを見る

近畿地酒MAP

中国・四国エリアで地酒を愉しむ

松江の銘酒「豊の秋」

地酒 豊の秋(イメージ)

「ふっくら旨く、心地よく」をモットーに造られている豊の秋は口に含むとやわらかく、ふっくらとした香りと豊かで深みのある旨みが特徴です。
天ぷら、魚の煮付けなどの濃厚なものから、出汁のきいたおでんまで、幅広く「食」を楽しむことのできるお酒です。

東洋美人

山口県の東北部で、地元の山田錦と裏山の伏流水で仕込まれた日本酒です。
上品で優しく柔らかでフルーティーな香りから、透明感とお米の旨味を感じさせてくれる、香り良し旨み良しの1本です。
濃いめのお料理とよく合います。

愛媛の地ビール「道後ビール」

湯上がりの乾いた喉にピッタリな、清涼感のある味わいです。
道後ビールには3種類あり、飲み比べできるところが楽しみの一つです。

土佐の地酒「酔鯨」

酔鯨の酒つくりの特徴といえば精米へのこだわり。
極めて高度な精米歩合で丁寧に育てられた美酒を氷温冷庫にて静かに熟成した逸品です。
土佐酒らしい辛口のお酒は、新鮮食材を使った土佐の料理との相性も抜群!

世界に誇る日本酒「獺祭」

「獺祭(だっさい)」の名前の後ろについている数字は精米歩合を表します。例えば、磨き二割三分ならば原料米を23%の大きさにまで削って醸しています。
さらに、獺祭は全品「純米造り」。水・米・米麹以外は一切使わず、技術だけで獺祭の香味は醸され続けているのです。
獺祭の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします。

四万十のあい

新ロイヤルホテル四万十/四万十のあい

四万十市唯一の酒造会社 藤娘酒造の純米吟醸酒。
淡麗辛口で冷やして飲むと美味しい。

中国・四国エリア全ての宿泊プランを見る

中国・四国地酒MAP

ホテルで地酒を愉しむプラン一覧はこちら