日本遺産 大山信仰「牛馬市」と「とっとり和牛」特集

鳥取和牛特集

鳥取和牛をご賞味いただける宿泊プランはこちら

今年「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」が日本遺産に認定されました。

かつて牛馬市が栄えた大山(だいせん)ってどんなところ?

「出雲風土記」に登場する大山は、文献に見える日本最古の神山です。中腹の大山寺には、地蔵菩薩が祀られています。地蔵菩薩は生きとし生けるものを全て救う仏様であることから、牛馬安全の守り札が配られ、大山の「牛馬信仰」が広まりました。さらに、大山寺は牛馬市の経営に乗り出し、信仰が育んだ全国唯一の「大山牛馬市」が隆盛を極めることになりました。

世界が注目する「和牛」誕生のいしずえ

明治期には国内最大の牛馬市にまで発展しましたが、食用牛増産のために進めた輸入雑種牛との交配が品質の低下を招きました。その後、牛馬市が昭和12年に幕を閉じますが、鳥取県の優れた和牛復活を目指し、鳥取県は全国に先駆けて登録事業を開始し、和牛の品種改良に活用されました。これが、世界が注目する「和牛」誕生のいしずえとなりました。

魅惑の口どけと肉汁の甘さが絶品

幻の鳥取和牛オレイン55

鳥取和牛の中からオレイン酸を55%以上含む牛肉を「鳥取和牛オレイン55」としてブランド化しています。
やわらかくて、口溶けがよく、肉汁がじゅわっと広がる鳥取和牛肉をぜひ一度ご賞味ください。

  • 和牛肉の風味を生かす「オレイン酸」

    「オレイン酸」はオリーブオイルの主成分でもあり、豊富に含むほど「口溶け」や「風味」が良くなるとされています。「鳥取和牛オレイン55」は、脂肪のまろやかさと質にこだわり、「脂肪中にオレイン酸を55%以上含有していること」を認定基準にいれた新ブランドです。

  • 伝説の名牛「気高(けたか)」号

    「鳥取和牛オレイン55」のもう1つの基準は、1966年に行われた「第1回全国和牛能力共進会」肉牛の部で1等賞に輝いた名牛「気高(けたか)」号の血統を引き継ぐことです。
    血統を強く引き継ぐほど、オレイン酸含有量が高くなる傾向にあることがわかっています。

  • 幻と言われる由縁・・・とっても希少!

    鳥取和牛の出荷頭数は全国の0.7%。
    「鳥取和牛オレイン55」は脂肪の「質」にこだわり、鳥取和牛のうちの15%程度が選抜されるため、年間販売頭数は350頭程度と見込まれます。

牛に願いを…大山寺に伝わる願い事成就の像

別名を撫牛ともいい、一つの願いだけを心に浮かべて宝牛を撫でると願いが叶うという縁起のよい牛像と言われています。
山で江戸時代徳川吉宗の頃から行われていた牛馬市の名残で、牛の霊を慰めるために鼻ぐりの銅をもって鋳造されたものなんだそうです。

牛の流通量が多い鳥取ならではのご当地グルメ

鳥取牛骨ラーメン

とんこつ、鶏がらに続くスープとして注目のラーメンです。スープの香ばしい牛香とすっきりした後味は、ラーメン通から絶賛される存在だそうです。原点は鳥取県西部米子市と言われていますが、現在は鳥取県中部地区を中心に広まっています。鳥取県にお出かけの際には、お試し下さい。

鳥取和牛をご賞味いただける宿泊プランはこちら