地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

心を満たす、金沢・石川のおすすめプラン

心を満たす、石川・金沢への旅
観光情報へ

金沢・石川の旬を感じるおすすめプラン


各地で近年盛り上がってる地域を舞台にした芸術祭は、アートをきっかけにその土地の魅力を発掘し、再発見させることで、地方創生の大きな柱としても注目されています。そして2017年秋、能登半島の先端に位置する石川県珠洲(すず)市全域を舞台に、「奥能登国際芸術祭」が開催されます。「日本の祭と食文化の源流を探る」をテーマにし、2017年9月3日(日)〜10月22日(日)の50日間、約50名のアーティストが秋の奥能登を彩ります。
総合ディレクターは、アートフロントギャラリー代表の北川フラム氏。「瀬戸内国際芸術祭」をはじめ、様々な地域でアートプロジェクトを手掛けてきた、地方芸術祭のパイオニアです。

今年初開催!「奥能登国際芸術祭」で注目の珠洲(すず)へ

写真 石川直樹

東京・羽田から能登空港まで飛行機で約1時間。舞台となる珠洲市は、奥能登と呼ばれる能登半島の最北部(最奥部)に位置し、荒々しい外海と、穏やかな内海に囲まれた自然豊かな農山漁村です。

写真 石川直樹

また、能登半島に広がる「能登の里山里海」は、日本では第一号の世界農業遺産に認定され、いまも変わらず日本の美しい原風景が残されています。奥能登の魅力は、自然だけではありません。その豊かな土地で生まれた祭や食の文化は、日本文化の源流とも言われています。能登半島の約200地区で7月から10月にかけて行われる「能登のキリコ祭り」は、江戸時代からつづく奥能登の伝統行事です。キリコ(切籠)と呼ばれる巨大な切子灯籠(きりことうろう)を担ぐお祭りで、その高さは、数メートルから、電線を超えるような数十メートルの大きさまで、地域によってさまざまです。県外からも多くの見物客が訪れ、2015年春には、文化庁が定めた日本遺産にも認定されました。7月から10月にかけて能登半島の約200地区で行われる「能登のキリコ祭り」。この時期に能登を歩けば必ずキリコ祭りと出合うと言っていいほど、奥能登が一年で一番熱くなる4ヵ月です。
日本列島のさいはてとまで言われた、そんな奥能登・珠洲に、ニッポン文化の源流を訪ねに行きませんか。


国内の総金箔生産量のうち99%を占める金沢市。工芸品や日用雑貨、化粧品など金箔を使った多種多様な商品が存在します。その中でもいま観光客に大人気なのが「金箔スイーツ」。ソフトクリームやぜんざい、おもちなどに金沢らしく大胆に金箔をあしらい、上品な味わいです。有名店では閉店まで行列が途切れないほどの人気です。

贅沢すぎるスイーツ「金箔ソフトクリーム」でフォトジェニックな旅を

中でも思わず写真にとってみたくなる「金箔ソフトクリーム」。贅沢にも金箔を1枚まるごと使い、ミルク味のソフトクリームにまとわせています。金沢来たなら必食の一品です。

場所は兼六園の入口に位置する「茶屋見城亭」なので、兼六園・金沢城公園観光のついでに立ち寄りもできて便利です。写真にとって旅の思い出にどうですか?

©石川県観光連盟



北陸新幹線が開業して3周年を記念して、「お造り3種以上お約束プラン」を作成いたしました。石川県は日本海に面していることもあり、年間を通して新鮮な魚介類がとても豊富です。

北陸新幹線開業3周年記念!お造り3種以上お約束プラン

©石川県観光連盟

なかでもおすすめは甘エビです。「甘えび」というのは「ホッコクアカエビ」の別名です。新鮮な甘えびはぷりぷりっとした食感で、とろっとろ。唐揚げなど様々な調理方法がありますが、えびの甘さがよく感じられる生のお刺身が一番です。

©石川県観光連盟

甘えびはとても面白い成長をします。孵化後、3才位でオスとして成熟します。そして何と5才前後位でメスに転換するのです。そしてメスの甘えびは灰緑色の卵を持ちます。ひときわメスの甘えびは美味しく、珍重されています。金沢・石川の旅の楽しみは何と言っても「海の幸」です。ぜひお泊りのお宿で堪能してください。

おすすめプランのある宿をまとめて見る

見る!遊ぶ!食べる!まだまだある石川県の魅力!

豊かな自然や、加賀百万石の風土の中で培われてきた歴史・文化、ゆたかな食材や料理、温泉など魅力あふれる石川県をエリアごとに詳しく紹介します。

漆器と朝市の街輪島

元享元年(1321年)に瑩山禅師が開き、永平寺と並ぶ曹洞宗の修行寺として栄えてきました。現在では、祖院として、大本山のおもかげを偲ばせる幽玄な寺院となっています。経蔵、伝燈院、慈雲閣などが境内にたたずみ、また、七堂伽藍も再建され、威厳と風格を今に伝えています。

一千年以上も前から続く、輪島の朝市。町の一日は、朝市の「買うてくだぁー」の呼び声から始まります。野菜などは周辺農家のおばちゃん、活きのいい魚貝・海草は漁師町の女衆が売りに出ます。

白米千枚田

©石川県観光連盟

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は輪島市街地から車で約15分、石川県輪島市白米町にある棚田です。日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、奥能登を代表する観光スポットとして親しまれています。水田一面あたりの面積は約18平方メートルと狭小で約4ヘクタールの範囲に1004枚の典型的な棚田風景が広がっています。

湯の香、潮の香、さわやかわくら

石川県能登観光の拠点「和倉温泉」は、全国でも有数の海の温泉として県内はもとより、広く全国の人々でにぎわいます。 和倉温泉の魅力は高温で豊富な湯量を誇る良質な温泉です。加えて豊かな自然美、そして新鮮な山海の珍味など心身ともに和むことができます。

和倉にはおもしろい散策ポイントがいっぱいあります。 幸福を呼ぶと言われている七福神巡りや、夜は街並ライトアップ巡りもおすすめです。 和倉温泉の海に面した場所にある足湯施設「湯っ足りパーク」では和倉温泉と能登島をつなぐ能登島大橋と、穏やかな海を眺めながら、身も心も癒されます。

スイーツめぐりチケット

和倉温泉には、和倉温泉でしか味わえない自慢のスイーツがいっぱい!各お店おすすめのスイーツ(ジェラート、シュークリーム、シフォンケーキ等々)をお試しいただける、ワンコイン500円の「スイーツめぐりチケット」がおすすめ♪チケットは「旅館フロント」・「和倉温泉観光会館」・「和倉じばん館」にて販売しております。幸せなひとときをお過ごし下さい。

金沢の本物を体感しよう。

お天気が気になるこの季節の金沢では、傘や足元を気にせずに屋内でしっとりと金沢を感じてみませんか?この時期だけの特別メニューが勢ぞろい!しかも週末中心の開催なので、予定が立てやすいのも魅力です。例えば普段は見る機会の少ない金沢芸妓。「おけいこ見学会」では艶のある芸妓の立ち振る舞いに酔いしれます。

金沢は、京都、松江と並ぶ日本三大菓子処。味はもちろん、見た目の美しさも秀逸です。街のあちこちで行われている和菓子作り体験では、職人さんの手ほどきのもと、お土産にも調度良い季節感あふれる上生菓子が作れます。

金沢は芸術と文化の街

金沢は芸術や文化の街。町のあちこちに伝統工芸の妙技が見られるお店や、小さな工房、若手作家のアトリエなどアート巡りが楽しめます。あなただけのお気に入りを探してみてはいかがですか?ゆったり落ち着けるカフェが併設されたショップもたくさんあるので、是非温かい店内で店員さんや本物の職人さんとの触れ合いを楽しんでみてください。きっと気分もほっこり温まりますよ。

九谷焼のふる里 山代温泉

山代温泉は約1,300年前に高僧行基によって発見された歴史ある温泉です。それに加え、近年で温泉街の整備が進み、明治時代の共同浴場を再現した「古総湯」なども誕生し、歴史と風情が感じられる温泉街へ生まれ変わりました。与謝野晶子・鉄幹夫妻や泉鏡花など多くの文化人に愛された名湯で日頃のお疲れをお癒し下さいませ。

4軒のお菓子屋さんのおすすめ温泉スイーツをお楽しみ頂ける「食べ歩きクーポン」や人気のLady Kagaや地元ガイドさんと一緒に温泉街を散策する「湯の曲輪散歩」など、街中散策を楽しんで頂く企画もご用意しております。詳細はご宿泊の旅館までお問い合わせください。

九谷焼のふる里

山代温泉は九谷焼のふるさとでもあります。五彩と呼ばれる美しい色彩を基調とした器はお料理をさらにひき立てます。また、江戸時代に実際に九谷焼が焼かれていた窯跡「九谷焼窯跡展示館」や、総合芸術家・北大路魯山人が九谷焼を学ぶために山代温泉に逗留した際の住居「魯山人寓居跡 いろは草庵」など九谷焼関連の施設がございます。「九谷焼体験ギャラリーCoCo」や近郊の「加賀 伝統工芸村ゆのくにの森」では、実際に九谷焼の製作も可能です。

そぞろ歩きが楽しい 芭蕉が愛した山中温泉

開湯1300年、山あいの豊かな自然に囲まれた温泉地。この春完成したゆげ街道には、山中漆器や九谷焼のギャラリーが多く点在、工芸の体験どころもあり気軽に伝統文化に触れられます。また、古くから芭蕉をはじめ多くの文人墨客が訪れる雅な温泉として親しまれ、無色透明の柔らかい泉質は日本有数であります。

温泉街に添って流れる大聖寺川に、自然豊かな渓谷「鶴仙溪」があります。1.3km続く遊歩道には「こおろぎ橋」「あやとりはし」「黒谷橋」と三つの趣きある橋が架かっています。四季折々の風情が楽しめ、なかでも秋の紅葉は圧巻の美しさを誇ります。

鶴仙渓川床

©石川県観光連盟

あやとりはしの袂にある鶴仙渓(かくせんけい)川床では、山中温泉出身の和の鉄人、道場六三郎レシピによる「冷製抹茶しるこ」「川床ロール」に舌鼓をうちながら、渓谷の深い緑、清らかな水の流れのなか、風雅なひとときをお楽しみいただけます。また、食べ物やお飲み物の持ち込みも可能(アルコール類は除く)で、参加旅館や町のお店でご予約・テイクアウトしたお弁当(川床弁当)をお召し上がりいただくこともできます。


期間:4月1日〜10月31日
料金:川床セット(席料(加賀棒茶付)と道場スイーツ)
   大人600円、小学生500円
   席料のみ(加賀棒茶付) 大人300円、小学生200円

水と光と音の湯の街 片山津温泉

霊峰白山を望む柴山潟の湖畔に広がる片山津温泉。塩化物泉は胃腸病や外傷に効き、保湿効果に優れ、湯冷めしにくく、女性に多い冷え性にも効能があると言われています。秋冬期には渡り鳥が多く飛来し、日に7度色を変えるという美しい湖面の眺めとともに、心地良い湯がお楽しみいただけます。

周囲約8kmの柴山潟は、一周約40分のサイクリングロードが整備されています。湖に佇む浮御堂、縁結びのパワースポット愛染寺、雪博士「中谷宇吉郎 雪の科学館」足湯公園、白山連峰と湖の眺めがパノラマで楽しめる、地元民の「街湯」など、街歩きも楽しみ♪

芸姑衆の稽古場「花館」

昭和の時代、芸姑衆の稽古場だった花館では片山津温泉の源泉を用いて「厳選豆腐造り」や柴山潟の湖底土で染める「晶子染め」が体験できます。自然の塩分の味わいや自分手造りのオリジナルハンカチやスカーフなどを造ってみてはいかがでしょうか。

温泉情緒と自然の景色が楽しめる【白山・辰口温泉】

©石川県観光連盟

白山一里野温泉・辰口温泉は、金沢近郊の温泉地として有名です。霊峰白山や手取渓谷などの豊な自然が育んだ季節の食材を中心に、郷土色を大切にしたお料理をお召し上がりいただけます。また、日本酒の酒蔵なども多くあり「白山菊酒」「天狗舞」「手取川」などのおいしいお酒もお料理に華をそえること間違いなしです!

金沢市内から一番近い温泉地「辰口温泉」周辺は見所がいっぱいです!
人気のスポットと言えば、コビトカバやユキヒョウ、そしてトキなどが見られる【いしかわ動物園】や、2013年5月に「国民栄誉賞」を受賞された松井秀喜選手の軌跡を展示した【ベースボールミュージアム】、伝統文化の九谷焼絵付け体験に新しく加わった「ウルトラマンシリーズ絵付け体験」が楽しめる【九谷陶芸村】などもあります。

日本三名山「白山」の恵みを活かした御膳料理 白山百膳

綺麗な水、おいしいお米、山菜、川魚、蕎麦など、白山の恵みを活かした食材をふんだんに使い、健康・長寿・ヘルシー・オリジナリティーにこだわりました。石川県白山麓をはじめ富山県五箇山、岐阜県白川郷の食事処や宿などで提供しております。

  • 石川県の旅館・ホテル一覧
  • 石川県のJR・航空+宿一覧

ページトップへ戻る

国内旅行・海外旅行の予約はJTB